コンサート


第1回福岡ルネッサンス・フェスティバル


プログラム・曲目
お申し込み
フリーステージ
全員合唱
楽譜
トップページ

画像をクリックすると拡大されます。

第1回福岡ルネッサンス・フェスティバル


2008年2月16日(土)あいれふホール
主催・企画:ハルモニー・セレスト

合唱、リコーダー、リュート、ヴィオール、そんな歌や楽器の垣根を越えて、ルネッサンス音楽を愛する人々が集える場がもてたら、そんな願いからルネッサンスフェスティバルを企画しました。

アマチュアの皆さんに演奏していただくフリーステージ、ルネッサンス音楽についてのレクチャー、福岡及びその近郊で活躍するプロの演奏家によるステージ、全員参加によるアンサンブル、交流会など、さまざまな企画を用意しています。

出演
岩田耕作(企画責任者、チェンバロ、ハープ、パーカッション)
岩田明子(ソプラノ)
神野和美(リコーダー、ハープ)
古井由紀子(リコーダー、コルネット、クルムホルン)
山本香代子(チェンバロ)
橋口武史(ルネッサンス・ギター)


賛助出演
マニシア(ダンス指導)
アンサンブル福岡バロック(ヴァイオリン[河内知子 片田江智子]) 
コーロ・ピエーノ(合唱)
エルグリッロ(リコーダー・コンソート)
アマチュアの有志によるガンバ・コンソート
ハルモニー・セレスト福岡 
  ※ハルモニー・セレスト音楽教室受講生(声楽、合唱、リコーダー、リュート、チェンバロ)
フリーステージ参加希望者 観客の皆さん


参加費
フリーステージ及びレクチャーでの演奏者:3000円
入場料:2000円(一般) 1000円(高校・大学生)  無料(中学生以下)
懇親会:4000円(一般・高校生以上) 2000円(小・中学生) 無料(未就学児)
     食事代、飲み放題込み

プログラム

13時30分 開場
14時

フリーステージ              司会:小M幹子

アマチュアの皆さんに自由に参加してもらえるステージです。詳しい応募方法につきましては、 こちら をご参照ください。

1.アンサンブル・カプリッチオーゾ【器楽アンサンブル】
  井上曜子 神野和美 後藤桂子 渡辺浩行
ギヨーム・ドゥ・マショー(guillaume de Machaut) 「ロンド」
ギヨーム・デュファイ(Guillaume Dufay) 「二羽の可愛い白鳥」
作者不詳 「カンティガより」

2.岩元悠美(ソプラノ) 西田和美(チェンバロ/賛助)
フィリップ・ヴェルドゥロ(Philippe Verdelot) 
「マドンナよ、何と言う確実さで(Madonna, Qual Certezza)」

3.【リコーダー・アンサンブル】宮園智子 内屋敷律子 原禎恭
ジョン・コプラリオ(John Coperario)
「ファンタジア(Fantasia)」

4.米満侑来(チェンバロ)
ピエール・アテニアン(Perre Attaingnant) 1531年出版の鍵盤用舞曲より
「ブランル(Branle) ガイヤルド(Gaillarde)」

5.Duo:Awinans【ヴォーカル・アンサンブル】 石堂能成 富山直美
ロバート・フェアファクス(Robert Fayrfax)
イートン・クヮイアブック所収の5声によるマニフィカト(Regali)より
「Sicut erat」
オルランド・ディ・ラッソ(Orland di Lasso)、魅力に富む2声の作品集より 
「Sicut Rosa」
クローダン・セルミジ(Claudin de Sermisy)、2声のシャンソン 
「Ayez Piti'e du Grand Mal」

6.出光千明(チェンバロ)
ウィリアム・バード(William Byrd)
「ローランド(Rowland)」

7.野田よう子(リコーダー) 橋口武史(リュート/賛助)
ヨハン・ショップ(Johann Schop)
「涙のパヴァーヌ(Lachrime Pavane)」

8.矢野桂子(ソプラノ) 岩田耕作(リュート/賛助)
ジュリオ・カッチーニ(Giulio Caccini) 「アマリッリ(Amarilli)」

9.どこでもクヮルテット【ヴォーカル・アンサンブル】
酒井寿喜 高嶋みゆき 藤原佐保子 岩田耕作(賛助)
アンドレア・ガブリエリ(Andrea Gabrieli) ニンフ達の歌より
「この最愛の国で(In Questa'Amate Sponde)」
「そして花々の香りを(E d'Odorati Fiori)」

10.【特別出演】 河内知子(ヴァイオリン) 山本香代子(チェンバロ/賛助) 
河本基實(ヴィオラ・ダ・ガンバ/賛助)
ジョン・ジェンキンス(John Jenkins) 幻想組曲第1番より
「ファンタジア(Fantasia) コラント(Corant)」

11.【ルネッサンス・ダンス】  フェスティバル参加者有志

15時

合唱練習                         合唱指導:村山暁 伴奏:山本香代子

コンサートのフィナーレに演奏するプレトリウスのカンティクムには、観客の皆さんにも合唱に参加していただけます。詳しい内容につきましては、 こちら をご参照ください。

休憩  
16時

レクチャー&コンサート「ルネッサンス音楽の概観」
                       (総合解説:岩田耕作)

よく「ルネッサンス音楽」という言葉は耳にしますが、実際にルネッサンス音楽とはどのような音楽を指すのでしょうか。

中世やバロックとの境目はどこにあるのでしょうか。

ルネッサンス・フェスティバル第1回目の今回は、まずルネッサンス音楽の位置づけをはっきりさせる為にも、ルネッサンス音楽とはどんな音楽か、そのポリフォニーの世界はどのように生まれ、どのように円熟して行ったか、どのような楽器が使われていたかなど、実際の演奏を交えながら紹介していきます。

(用語説明)
/S=ソプラノ /A=アルト /T=テノール /B=バス /RC=リコーダー
/VL=ヴィオラ・ダ・ガンバ:ヴィオール /VN=ヴァイオリン /CN=コルネット
/LT=リュート /HP=ハープ /RG=ルネッサンス・ギター /CB=チェンバロ
ab=頃 bf=以前 af=以後

●その1 宗教曲
@イギリスからの影響とブルゴーニュ楽派 3度と6度の和声
  グレゴリオ聖歌「歌え我が舌(Pange Lingua)」
  ギョーム・デュファイ(Guillaume Dufay:ab1400-1477)「歌え我が舌(Pange Lingua)」
    芳賀史江/S 田中美和子/RC 野田よう子/RC
Aフランドル楽派 通模倣様式の誕生
  ジョスカン・デ・プレ(Josquin Des Prez:1450/55-1521)
    「アヴェ・マリア(Ave Maria)
    芳賀史江/S 伊藤恵子/A 田中雅美/T 村山暁/B
    田中美和子 /RC 野田よう子/RC 河本基實/VL
    後藤桂子/VL 高嶋みゆき /LT 畑中由里/LT 宮園智子/LT
Bローマ楽派 反宗教改革の音楽
  ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ(Giovanni da Palstrina)
   「ミサ*永遠のキリストの贈り物(Missa Aeterna Christi Munera)より:
    キリエ(Kyrie) グローリア(Gloria)」
    コーロ・ピエーノ/合唱
Cヴェネツィア楽派 荘厳な響きを求めて
  ジョヴァンニ・ガブリエリ(Giovanni Gabrieli:1554/57-1612)
    おお主イエス・キリストよ(O Domine Jesu Christe)」
    コーロピエーノ/合唱 岩田耕作/CB 古井由紀子/CN
    片田江智子/VN 河内知子/VN 井上曜子/VL 河本基實/VL
    後藤桂子/VL 三原祥子/VL 渡辺浩行/VL

●その2 世俗曲(40分)
@リコーダー・コンソート
  ジョスカン・デ・プレ(Josquin Des Prez:1450/55-1521)
  「ラ・スパーニュ(La Spagne)」
   リコーダーアンサンブル エルグリッロ
   (鏡山悦子 瀬部香織 中川好子 三原祥子 山本麻子)
Aリュート
  トマス・ロビンソン(Thomas Robison:af1560-ab1609)
    「2台のリュートのためのトイ(A Toy For Two Lutes)」
    高嶋みゆき/LT 畑中由里/LT 宮園智子/LT
Bイギリスのマドリガル、リュートソング
  ジョン・ダウランド(John Dowland:1563-1626)
    「帰っておいで(Come Again)」
    岩田明子/S 伊藤恵子/A 岩田耕作/T 村山暁/B 宮園智子/LT
Cガンバ・コンソート
  ジョン・ダウランド(John Dowland:1563-1626)
    「流れよ我が涙(Flow My Tears)」
    井上曜子/VL 河本基實/VL 後藤桂子/VL
    三原祥子/VL 渡辺浩行/VL
Dヴァイオリンの興隆
  ウィリアム・ローズ(William Lawes:bf1602-1645)
    ソナタ第7番より「ファンタジア(Fantasia)
    アンサンブル福岡バロック
    (片田江智子/VN 河内知子/VN 岩田耕作/CB)
    河本基實/VL(賛助)
Eイタリア語によるモレスカ
  オルランド・ディ・ラッソ(Orlando di Lasso:ab1532:1594)
    「神のごときルチアよ(Lucia Celu)」
    藤原佐保子/S 樫原典子/A
    岩田耕作/T 村山暁/B 宮園智子/RG 高嶋みゆき/CB
Fイタリアのマドリガーレ
  アンドレア・ガブリエリ(Andrea Gabrieli:ab1510-1586)
    「血にまみれた亡骸に覆いかぶさり(Sopra Il Sangugno Corpo)
    岩田明子/S 芳賀史江/S 岩田耕作/T
Gフランスのシャンソン
  オルランド・ディ・ラッソ(Orlando di Lasso:ab1532:1594)
    私は彼女を愛し、愛するだろう(Je L'aime Bien et L'aimeray
    岩田明子/S 酒井寿喜/A 岩田耕作/T 村山暁/B
Hイタリアのマドリガーレ
  アンドレア・ガブリエリ(Andrea Gabrieli:ab1510-1586)
    「血にまみれた亡骸に覆いかぶさり(Sopra Il Sangugno Corpo)
    岩田明子/S 芳賀史江/S 岩田耕作/T

17時30分

コンサート
 ●その1 民衆の楽しんだ音楽
      ルネッサンス時代のヒットチューンより(シャンソン、舞曲など)
      九州在住のプロの古楽演奏家によるステージ
      :岩田明子/S 神野和美/RC-HP 古井由紀子/RC-CN
      山本香代子/CB 橋口武史/RG 岩田耕作/ RC-HP

ルネッサンスの世俗曲の魅力は、まだ西洋の音楽がクラシック化されていないところにあります。

ルネッサンスの宮廷で楽しまれた音楽は、民衆が家庭や、村の祭りで楽しんだ音楽と同じものでした。

まさにルネッサンスの世俗曲は当時のポピュラー音楽だったのです。このステージでは、そんなルネッサンス時代の宮廷や家庭や町の広場で楽しまれた音楽の雰囲気を再現したいと思います。

トワノ・アルボ(thoinot Arbeau:1520-1595)
  「私の命を捕らえる美しい人よ(belle Qui Tien Ma Vie)
クロード・ジェルヴェーズ(Claude gervaise:bf1540-af1558)
  「パヴァーヌ・パッサメッツォ(Pavane Passamaize( ガイヤルド(Gaillarde)」
  「トゥルディアン(Tourdiant)」
ピエール・サンドラン(Pierre Sandrin:ab1490-af1561
  「甘き思い出(Doulce Memoire)」
フランソワ・レヨル(Francois Layolle:?)
  「甘き思い出(Doulce Memoire)」
岩田耕作(1971- )
「ウィリアム・バードに基づく2台のハープのための鐘
  (The bells For Two Harps After William Byrd)」
ジョアネス・リュピュス(Johannes Lupus:1506-1539)
あるいはピエールカデアック(Pierre Cadiac:1538-1558)
  「私は見放された(Je Suis Desheritee)」

■ルネッサンス・ダンス
    ダンサー:特別有志(小学生以下の子供達)
    指導 振り付け/マニシア
    賛助出演:田中美和子/RC 野田よう子/RC
ピエール・ファレーズ(Pierre Phalese:?)
  「フェッラーラのパヴァーヌとガイヤルド
       (Pavane et Gaillarde Ferrareze)」
アルボのオルケソグラフィ(1588出版)より
  「ブランル・デ・ラバンディエール(Branle Des Landiees)」
  「私は糸を紡ぐ(Je File)」
クローダン・ドゥ・セルミジ(Claudin de Sermisy:1590?-1662)
  「花咲く日々を生きる限り(Tant Que Vivray en Age Florissant)」


●その2 プレトリウスのカンティクム(ルネッサンスの宗教曲)
      全員参加

コンサートのフィナーレは全員参加による演奏です。詳しい内容につきましては こちら をご参照ください。

1:2声(岩田明子/S 岩元悠美/S リュート・アンサンブル)
2:8声/ダブルコーラス(全員)
3:3声(岩田明子/S 細川美津子/S ハープ・アンサンブル)
4:8声/ダブルコーラス(全員)
5:4声(コーロ・ピエーノ ガンバ・コンソート)
6:8声/ダブルコーラス(全員)
7:5声(岩田明子/S リコーダ・コンソート(神野和美 古井由紀子 田中美和子 野田よう子)
8:8声/ダブルコーラス(全員)
9:6声(岩田明子/S 芳賀史江/S 岩田耕作/T 村山暁/B 神野和美/RC 古井由紀子/RC
  橋口武史/LT 河本基實/VL)
10:8声/ダブルコーラス(全員)
11:7声(岩田明子/S 酒井寿喜/S 樫原典子/A 岩田耕作/T 村山暁/B 神野和美/RC
  古井由紀子/RC 内屋敷律子/RC 橋口武史/LT 河本基實/VL)
12:8声/ダブルコーラス(全員)
13:8声(コーロ・ピエーノ ガンバ・コンソート エルグリッロ 山本香代子/CB)
14:8声/ダブルコーラス(全員)

19時30分

懇親会
 コンサートの後は場所を移して、プロ・アマの演奏家の皆さん、観客の皆さんを交えて懇親会を行います。


     食事、飲み放題(懇親会費4000円)
     多くの方のご参加をお待ちしています。
 会場:SAKURAさくら
    福岡県福岡市中央区大名1丁目2−5イルカセットビル8F   
    Tel:092−715−7300


チケット、参加のお申し込みについて

ゆうちょ銀行振替口座をご利用の場合は、窓口に備え付けの「払込取扱票」の通信欄にお申し込み内容をご記入の上、合計金額をお振込みください。
記号01760 番号1−48687  
加入者名 福岡ルネッサンス・フェスティバル 代表者岩田耕作

ゆうちょ銀行普通口座をご利用の場合は、事前に郵便、FaxまたはE-mailにてお名前、住所、申し込み内容をお知らせください。
記号17460 番号92122851 フクオカルネッサンスフェスティバル
後日郵送にてチケットまたは参加証をお送りします。

**お申し込み内容一覧**

出  演:3000円
[フリーステージ及びレクチャー]
チケット(一般) :2000円
チケット(高大生):1000円
懇親会(一般[高校生以上]):4000円
懇親会(小中学生):2000円
懇親会(未就学児):無料
(人数の確認のためにお知らせください)

ハルモニー・セレスト
 代表:岩田耕作
 〒812-0014
福岡県福岡市博多区比恵町10-1
 ロータリープラザ博多駅東506
 Tel/Fax092-471-3987
 E-mail:info@h-celeste.jp


フリーステージ参加募集について

福岡ルネッサンス・フェスティバルではフリーステージの時間を設け、アマチュアの皆さんにも、演奏を披露していただこうと思います。

たった1日のイベントなので、残念ながら時間の関係で、あまり多くの方々にはご参加いただけませんが、先着順にいたしますので、興味のある方は早めにお申し込みください。

また、下記の本フェスティバルの夢趣旨にご賛同いただけますようよろしくお願いいたします。

本フェスティバルは、ルネッサンス音楽愛好家の交流と、地域のルネッサンス音楽界の啓蒙と発展を目的としています。

そこで、本フェスティバルのフリーステージは次のようなシステムで行わせていただきます。


(1)参加費は、グループでも一人単位、コンサートのチケット代込みとさせていただきます。

(2)他の参加者の演奏をなるべく聞いていただくため、リハーサルは当日12時20分よりステージで行います。
フリーステージ開演中は、他室でのリハーサルは行いません。(大型の楽器置き場、出演直前のチューニングの部屋はご用意いたします。)

 ▲お申し込みについて▲

演奏曲目は、基本的にはルネッサンス音楽に限らせていただきます。

ルネッサンス音楽の目安は下記表をご参照ください。

ただし中世とルネッサンス、あるいはルネッサンスとバロックの過渡期に中る作曲家に関しては、臨機応変に対応していただいてかまいません。

明らかに中世の作品やバロックの作品はご遠慮ください。

演奏時間は、ソロの場合(伴奏を伴う独唱、及び独奏も含む)は5分以内。アンサンブルは10分以内です。

全体で8組程度、トータル60分の演奏時間に達したところで締め切りとさせていただきます。

楽器はチェンバロ(イタリアン・バージナル440hz)のみご用意いたします。

お申し込みは、下記申し込み必要事項をご参照の上、郵送、FAX、E−maiIでお送りください。


** ルネッサンス音楽の目安 **

15世紀16世紀、及び17世紀前半の主にイタリア以外(フランス、ドイツ、オランダ、イギリスなど)の音楽。

** 最初期の目安 **

3度を協和音として使用されるようになったころ。

** 最末期の目安 **
ポリフォニーで書かれているもの、伴奏がタブ譜になっているもの。

通奏低音で書かれているものは、基本的にバロック音楽と見なす。

ただし、カッチーニや、モンテヴェルディ中期の作品など、通奏低音で書かれているが、様式的にはルネサンス後期に近い音楽は可とする。

** ルネッサンス期の主な作曲家 **

ダンスタプル、デュファイ、オケゲム、ジョスカン・デ・プレ、ジャヌカン、ラッソ、パレストリーナ、ガブリエリ、オルティス、ビクトリア、タリス、バード、ダウランド、プレトリウス、カッチーニ、モンテヴェルディ、フレスコバルディ、シャイン、シャイト、ファン・エイク、ローズ

** 参加費 **

参加費のお支払いは、参加受付確認の連絡を受けてからお願いします。

参加費は一律一人当たり3000円です。

お支払いはゆうちょ銀行振替口座払込取扱票をご利用いただくか、ゆうちょ銀行口座にお振込みください。

恐れ入りますが、振込み手数料はご自身でご負担ください。

入金確認の後、参加証をお送りします。

グループでの申し込みの場合、まとめて代表者にお送りする場合もありますのでご了承ください。

** 参加申込必要事項一覧 **

お名前またはアンサンブル名:
参加者のお名前(全員のお名前をご記入ください):
住所:
Tel:
Fax:
E-mail:
(FaxとE-mailは、お持ちでない方は空欄のままでかまいません)
自己紹介アンサンブル紹介(100字から200字程度):
演奏曲目:
演奏時間:
曲目紹介/解説(100字から200字程度):
上記をご記入の上、郵送、Fax、E-mailのいずれかでお送りください。
〒812−0014 福岡県福岡市博多区比恵町10−1ロータリープラザ博多駅東506
                 ハルモニー・セレスト(岩田)
 Tel/Fax:092-471-3987   E-mail:info@h-celeste.jp
締め切りは2008年1月20日とします。

ただし参加者が多数の場合は、早期締め切らせていただく場合もあります。

全員による演奏について

コンサートのフィナーレは全員参加による合唱と器楽演奏を行います。

残念ながら全員舞台に上がっていただくわけには行きませんが、客席から合唱にご参加ください。

なお、合唱はご入場いただいた方は自由に参加していただけますが、器楽での参加を希望される方は、楽器編成の調整が必要となりますので、事前にご相談ください。

また、2月11日(月/祝日)に福岡バプテスト教会(092-741-6256 福岡県福岡市中央区荒戸2丁目5-16)にて全体練習。

それ以外にも随時合唱や器楽の練習を企画していきますので、日程や参加費についてはホームページをご参照いただくか、お電話かE-mailにてお問い合わせください。


曲目:ミヒャエル・プレトリウス「若人の勝利のカンティクム(Canticum Trium Puerorum)」 言語:ラテン語
全体で14の曲からできています。

2声から8声へ、一つずつ声部が増えていく、小編成で演奏される部分と、全体合唱と器楽で演奏される部分が交互に出てきます。

ただし、全体演奏の曲は、2番と4番の2曲が、繰り返し演奏されるだけです。

この全体合唱の2曲は、当日ご来場の方全員に参加していただけるようフリーステージ終了後30分ほど合唱練習をいたします。


**演奏曲順**


1番:2声 5番:4声 9番:6声 13番:8声
2番:全体演奏(8声) 6番:全体演奏
(2番と同じ曲)
10番:全体演奏
(2番と同じ曲)
14番:全体演奏
( 2番と同じ曲)
3番:3声 7番:5声 11番:7声  
4番:全体演奏(8声) 8番:全体演奏
(4番と同じ曲)
12番:全体演奏
(4番と同じ曲)
 


↑ページの一番上に戻る↑

演奏会情報

音楽教室

プロの演奏家から初心者まで、それぞれのレベルに応じた総合的な音楽教育を行っています。
大切なのはうまいかへたかということではなく、より良いものを目指して努力する向上心です。

〒812-0014  福岡市博多区比恵町10-1 ロータリープラザ博多駅東506
tel/fax 092-471-3987  E-mail: info@h-celeste.jp