ハルモニー・セレスト12周年記念コンサート
    ☆☆音楽は語りかける☆☆

私たちが日本に帰国して12年目を迎えます。これまで支えてくださった皆様に、心より感謝を申し上げます。この12年間、古楽の魅力を日本の皆さんに紹介する活動の中で、西洋の文化をどのように理解し、どのように伝えるべきか、また、日本人として、音楽にどう向き合っていくかについて、さまざまに思いをめぐらせて来ました。音楽「ミュージック」の語源は、古代 ギリシャ語の「ムシケ(抑揚)」から来ています。言葉を伝えるための抑揚が歌となり、音楽となっていったのです。古代文化の復興を目指したルネサンス、それに続くバロック時代には、 言葉を伝えるのに効果的な音楽、感情を表現する音楽が生み出されてきました。

私たちはこのような、古楽の本質的な魅力をお伝えするとともに、日本語でも言葉を伝えるための音楽(ムシケ)が実行できないか、さまざまな試みを行ってきました。また、古楽器の持つ 音の魅力を、新しい音楽に取り入れていくことにも挑戦しています。 今回の記念コンサートでは、私たちがこの12年間に試みてきたさまざまな音楽を、2時間に凝縮してお届けします

またコンサートに先立って、プレイベントとして、ハルモニー・セレスト音楽教室の皆さん、ハルモニー・セレストにかかわりの深い団体などの演奏をお聞きいただきます。 (右のチラシはクリックで拡大します)

ハルモニー・セレスト12周年記念コンサート
    ☆☆音楽は語りかける☆☆
 岩田明子(ソプラノ)、岩田耕作(ハープ・チェンバロ・ピアノ)
  ハルモニー・セレスト音楽教室受講生(合唱・アンサンブル)
  2012年12月15日(土) あいれふホール 17時開演
 コンサートに先駆けて15時よりプレイベントを行います。

 入場料 前売り 2000円 当日 2500円
      中学生以下 前売り 1000円 当日 1500円

<演奏曲目>
いろんな古楽器の紹介(チェンバロ / ハープ / リュート / バロック・ヴァイオリンなど)
日本語で聴く古楽の世界(2011年リリースのCD「アオイドス」より)
古楽器と、新しいダンス(振り付け マニシア)
日本文学にムシケを その1(宮沢賢治の朗読と歌)
日本文学にムシケを その2(金子みすゞ、立原道造、佐藤春夫の詞による歌曲と合唱)

 ◆お問い合せ:ハルモニー・セレスト
        代表:岩田耕作 TEL/FAX 092-471-3987
                 e-mai:info@h-celeste.jp

主催 福岡ルネッサンス・フェスティバル実行委員会 後援 福岡市・福岡市教育委員会 (財)福岡市文化芸術振興財団

 

演奏会情報

音楽教室

プロの演奏家から初心者まで、それぞれのレベルに応じた総合的な音楽教育を行っています。
大切なのはうまいかへたかということではなく、より良いものを目指して努力する向上心です。

〒812-0014  福岡市博多区比恵町10-1 ロータリープラザ博多駅東506
tel/fax 092-471-3987  E-mail: info@h-celeste.jp