チェンバロ


チェンバロを始めてみたいのだけれど、楽器はどこで売っているのか、いくらぐらいするのか、鍵盤楽器の経験がある程度必要なのか。

チェンバロは持っているけど、調律の仕方がわからない、切れた弦や折れた爪の修理が出来ない、リコーダーや歌の伴奏もしてみたいのだけれど通奏低音の弾き方がわからない。

このページをごらんの方の中にそういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ハルモニー・セレスト音楽教室でのチェンバロのレッスンについて、また、チェンバロの購入に関するヒントについて記載しています。

ピアノに比べてチェンバロは頻繁な調律を必要とします。

頻度に関しては気温や湿度の変化の度合い、そしてなによりも演奏する人がどれぐらい狂うと我慢できなくなるかによって異なりますが、3日から1週間に1度というのが一般的ではないでしょうか。
(「当然毎日するものだ」とお叱りの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。)

いずれにしても調律を毎回調律師に頼むわけにはいきません。

チェンバロを弾く人にとって調律は避けて通れない関門といえます。

また、折れた爪の修理や、切れた弦の張替えも自分でできるにこしたことはありません。

チェンバロを演奏する上で、もう一つ避けて通れないのが通奏低音です。

もちろん独奏曲はたくさんありますが、チェンバロの全体的な使用頻度としては、通奏低音が9割がたと考えても過言ではありません。

いずれにしても、歌やいろいろな楽器の伴奏をすることができるのが、チェンバロの最大の醍醐味ではないでしょうか。

チェンバロを学ぶということは、単に演奏テクニックを身に付けるだけでなく、さまざまなことを併せて勉強していかなくてはなりません。もちろんこれらのことは5年10年かけてできるようになれば良いことで、最初から途方にくれて尻込みすることはありません。

レッスンでは基本的なチェンバロのタッチ、独奏曲のレッスンはもちろんですが、ご要望に合わせて通奏低音、調律、楽器のメンテナンスの仕方などについてのレッスンも行っています。



チェンバロの購入について
チェンバロを始めたいのだけれど、なにをさておきまずは楽器を買わなくてはなにも始まらないのではないのか。楽器はどこで売っているのか。いくらぐらいするのか。

そんな疑問にお答えしていきます。

チェンバロは決まった一つの形があるのではなく、鍵盤の数が1段のものと2段のものや、音域も4オクターヴのものから5オクターヴのものまで、種類によっていろいろな大きさや形のものがあります。

これらの鍵盤の数や音域は17世紀モデル、18世紀モデル、また、フレンチ(フランス・モデル)フレミッシュ(フランドール・モデル)ジャーマン(ドイツ・モデル)イタリアン(イタリア・モデル)といった時代や地域の違いによって異なります。

チェンバロは、ピアノのような需要はないため、現在では工場生産は私の知っている限りでは行われていません。

国内外の一部大手楽器メーカーでチェンバロの販売を行っているところもあるようですが、基本的には直接チェンバロ製作家に依頼することになります。

はっきりした数はわかりませんが、国内にもチェンバロ製作家は数十人はいらっしゃるのではないでしょうか。

大体の金額の目安としては、ヴァージナルやスピネットと呼ばれる小型のチェンバロが80万から150万、1段鍵盤のものが150万から250万、2段鍵盤のものが250万から400万といったところだと思います。

先にも説明したように、チェンバロという楽器は時代や地域によってタイプが異なりますので、1台ですべてのレパートリーがこなせるチェンバロハ存在しません。

だからといって何台も買うわけにはいきませんので、使用目的や、どのような時代の、どの国の音楽を重点的に演奏したいかによって選ぶ必要があります。

以前は2段鍵盤5オクターヴのもっとも大きい18世紀のモデルがあれば、なんでも弾けるという考え方が一般的でしたが、17世紀の音楽が広く知られるようになった今では、そのような考え方をする人は少なくなりました。

実際問題、2段鍵盤のチェンバロは、鍵盤が多い分調律にも手間がかかるし、演奏会に持ち出すにも大きな楽器はとても不便です。

まだチェンバロを持っていなくて、これから始めようという方には、もし中古などで非常に安い楽器がある場合は別ですが、いきなり新しいチェンバロを買うことはあまりお勧めしません。

上記のような理由からもわかるように、チェンバロ選びは、自分がチェンバロで何が弾きたいか、どのように使うかによって変わってくるからです。

なんと言っても安くない買い物なので、半年か1年ぐらいレッスンを受けたり、いろいろなチェンバロを弾いてみてからでも遅くはないのではないでしょうか。

演奏会情報

音楽教室

プロの演奏家から初心者まで、それぞれのレベルに応じた総合的な音楽教育を行っています。
大切なのはうまいかへたかということではなく、より良いものを目指して努力する向上心です。

〒812-0014  福岡市博多区比恵町10-1 ロータリープラザ博多駅東506
tel/fax 092-471-3987  E-mail: info@h-celeste.jp